「タケカンムリ」に「師」と書いて、「ふるい」と読みます。

厳しい特訓や合宿や試合が、人を大きく成長させることが多々あります。
上記のものが、精神的にも肉体的にも成長を促進させるという意味で、非常に重要な事柄です。
当然、反作用もあるワケです。
みんなが成長するのではなく、反対に衰えてしまう、もっというと辞めるきっかけになったりすることもあるのが事実です。
そういう意味で、試合や特訓のような「試練」がある意味で「篩」になることがあります。

私個人としては、篩にかからずに落とされてしまう人こそ空手が必要な人だと思っています。
今までの試合や審査、夏期集中特訓を機に退会していった人が少なからずいます。
子供だけでなく、大人でも。

空手も習い事なので、始めたばかりの頃の新鮮な気持ちも月日が経つにつれて、いくらか薄らいできます。
そこへ自分の希望と180度違う結果を与えられる。
大人の道場生は、辞める理由はいくらでも考えられる。
お金を自分で払っている分、行動は早いです。
子供にいたっては、涙を流して親に辞めたい旨を訴える。
親も送り迎えが大変だ。
よし、辞めさそう、となる。

親が良いと思うものは、多少の強制も必要だと思います。
子供が自ら試練や自己修練に向かうワケないです。
そんな子がいたとしたら、その子が変わっているんです。
普通の子供は楽な道を選びます。
人生経験がないのだから。
そこで人生経験のある周りの大人たちが、上手に示唆してあげる必要が出てきます。

ある種の「強制」と「示唆」。
これは子供を育てる上で絶対に必要です。

以下は私の個人的見解です。

空手は誰でもできます。
むしろ、空手ができない人は何をしてもダメなんじゃないかと思います。
青い鳥を追いかけ続ける人生に終わるような気がします。
大会でチャンピオンになるのは難しいです。
だからこそチャンピオンは尊敬されます。
しかし、黒帯は誰もが取得できるものです。
但し、辞めなければ。師について稽古を続ければ。

道場内練習試合の度に、辞める生徒がいることが悩みの種です。
逆に、ものすごく熱心に頑張る子が増えることが嬉しい点です。

ふるい落とすために練習試合をしているのではないことを、ご覧になった皆さんはお分かりだと思います。
今回の練習試合を機に辞める生徒がいない事と、辛い経験をしたとしてもそれを糧に人間的に成長してくれることを期待しています。