入会案内

入会金
6,000
  • ご家族で同時入会の場合、1,000円引きになります。
月会費
ゆうちょ銀行の口座から自動引き落しになります。(毎月27日。27日が土日祝場合、翌営業日。)
月4会員 フリー会員
18歳未満 男女 4,860円 5,400円
18歳以上 女性 4,860円 5,400円
18歳以上 男性 5,940円 6,480円
月4会員 フリー会員
18歳未満 男女 5,400円 5,940円
18歳以上 女性 5,400円 5,940円
18歳以上 男性 6,480円 7,020円
  • 総本部会員登録 完了者は、未完了者よりも月会費が500円(税抜)引き、年間6,000円(税抜)となります。
  • その他、空手道着やサポーター類の割引き販売、提携企業先での割引きなどのサービスを受けることが出来ます
年会費(総本部会員登録費)
10,800円/年
  • 同居の家族の場合、何人でも一人分の年会費で結構です。
  • 同居家族の二人目以降は「家族会員」として登録され、年会費は免除になります。
  • 月会費の割引きサービス等は、同様に受けることができます。
  • 兄弟の場合、月会費が540円×2人で、月に1,080円。年間12,960円の割引きになります。
空手道着
稽古・その他の行事時は、新極真会指定の空手道着を着用して下さい。注文は各道場にて承ります。
  • 一般普及型:10,000円〜(サイズとメーカーにより異なります)
  • 純国産最高級型:12,600〜16,800円(サイズにより異なります)
  • 空手道着は、入会後、空手を続けられそうだと感じた頃にお買い求めいただいて結構です。押し売りまがいはいたしません。
  • 目安としては、一ヶ月以上続けば購入されると良いでしょう。もちろん入会と同時に購入されても結構です。
安全保護具 (スネ・膝・拳のサポーターなど)
  • 年齢・性別より異なります。子供は全部で4千円程度、大人は7千円程度です。
  • サポーターやグローブは、サイズやメーカー、品質によって価格が大きく変わります。
  • 道場に備え付けのカタログからお好きな商品を選べますので、予算や力量に合わせた商品を購入して下さい。
  • よく分からない方については、いつでもご相談にのります。最初は一番安価な物で十分です。
  • 貸し出し用サポーターも用意していますので、最初から全てを購入する必要はありません。
一般男性 一般女性 男の子 女の子
ヘッドガード 9,600円 × ×
拳サポーター 1,700円
スネサポーター 2,900円
膝サポーター 1,700円
ファールカップ 1,700円 × ×
チェストガード 3,780円 × ×
◯:必要 △:あった方が良いでしょう ×:必要ありません
家族割引き
お得な 『家族割引き』 について
① 親子で道場に通う方をご支援します!
親子ともに道場生の場合、お父さん、またはお母さんの月会費を半額とします。(一番月会費の高い方を半額にします)

  • お父さん 6,480円 → 3,240円または、
  • お母さん 5,400円 → 2,700円となります。
  • 例1)息子一人とお父さんで道場に通う場合、5,400円+3,240円=8,640円/月となります。
  • 例2)娘一人とお母さんで道場に通う場合、5,400円+2,700円=8,100円/月となります。

② 親子、夫婦、兄弟姉妹 etc …
同居の家族3名以上で道場に通う方、3人目の方の月会費を半額とします。
さらに、4人目以降の方は何名でも一人1,080円/月とします。

③ 同居のご家族は、新極真会総本部会員年会費が免除になります。
家族の一人が登録しておれば、同居のご家族の方は年会費が免除となります。
10,800円→0円
様々なサービスは、通常の会員と同様に受けることができます。

※①、②ともに、家族全員がフリー会員で、総本部会員登録を完了していること
受験生コース
対象:中学三年生、および高校三年生の生徒

 全国的に、中学三年生、高校三年生になると、受験勉強のために退会する道場生が多くいます。 将来のため、受験勉強に集中する、ということに否定の気持ちは全くありません。むしろ、十分に勉学に励むべきだと推奨いたします。
 私自身、中学生から空手を始めたので、空手をしながら高校受験と大学受験の二度の受験を経験しました。私の場合は、半年間休会し、受験勉強に備えましたが、その半年の間に勉強時間が少々増え、成績が上がるには上がりましたが、ストレスや運動不足からくる体の不調も起こりました。イライラして、何時間勉強しても頭に入らない。だから余計にイライラする。結局、ランニングしたり自宅で稽古するなりして、汗を流してストレスを発散していました。汗を流してリフレッシュし、頭の中がすっきりしてから勉強すると、集中力も上がり、非常に効率良く学習できたという思い出があります。

 私の経験上、入学試験半年前までは週一回か二週間に一回ぐらいの稽古が良いと思います。道着を着て帯を締めるだけでも気が引き締まります。大きな声を出す空手の稽古は、ストレス発散に最適です。稽古の最後の正座、黙想により交感神経優位から副交感神経優位にスイッチが切り替わります。半年を切るとと、より多くの勉強時間が必要になってくるので、月一回ぐらいが良いかと思います。ここまでの間、勉強と空手の両立が出来ていたのならば、試験前のストレスにも耐えうるはずです。個人差があると思いますが、三〜一ヶ月前からは、完全に受験勉強一本に絞った方が良いでしょう。

「その方が良いのは分かっているけど、月会費が…」と言われる方もいらっしゃると思います。そこで、受験生を応援するということで、
月会費2,160円。(1回の稽古参加費含む)
②2回目以降は1,080円/回を納入することで出席可。
③期間は受験生になった年の8月から翌年2月まで
④翌年の2月27日(3月分)から、通常の月会費支払いとなります。
受験終了後の3月からの半年間は退会できないものとし、退会する場合は違約金として半年分の月会費をお支払い頂きます。
というコースを設けました。
このコースへの資格者は、中学三年生、および高校三年生の道場生。
期間は8月から翌年2月までの最大7か月で、希望する月から可能とします。
※但し総本部会員登録者であること
希望者は、開始希望月の前月の20日までに「受験生コースに変更したい」と申し出て下さい。事務手続き上、20日を過ぎると翌月扱いになります。