道着プレゼント&入会金無料キャンペーン中


新極真会香川中央支部の道場では、

初期費用が大変お安く抑えられるキャンペーン中です♪

 

1万2千円相当の空手道着を無料進呈します。
(半年以内に退会の場合は道着代金の支払いが必要になります)

 

また、現在入会金(1万1千円)も無料☆

 

フルコンタクト空手団体の中で、「世界最大最強の新極真会」で空手を始めてみませんか?
香川中央支部では、
いま現在、下は4才から上は70歳までの方が、
年齢や男女問わず、
自身のペースに合わせて武道空手に取り組んでいます。
   

新極真会 原内道場のコロナ対策

まずは、道場内に入場したみなさん全員に、
非接触型の自動検温&アルコールディスペンサーで、
検温と手指の消毒をして頂いております。

ウイルスの大きさが「0.1μm」という中で、
新極真会 原内道場では、
最小吸着粒子「0.0146μm」という、
現在「世界最高レベルの空気清浄機」を設置しております☆☆☆
インフルエンザウイルスを99.8%除去できるエビデンスのある、
優れモノの「最強空気清浄機」がフル稼働する中での稽古になります。


手指消毒はもちろん、
物品を消毒するアルコールも豊富にストックしています。
他人と共有する事になるミットやサンドバッグ、トレーニング器具は、
常に清潔を保っています。

また、新型コロナウイルスの検出キットも常にストックしており、
指導者は定期的に抗原検査をして、陰性の確認を行っています。

稽古は、マスク着用でしっかりと距離を取って行っています。
時代に合わせた稽古法を取り入れ、
時間短縮や発声の制限などを行いながら、
感染防止に注力しています。

極真空手ですので、実戦の組手稽古は外せません。
そこで、お子さんの組手稽古では、
新極真会が独自に開発した「飛沫防止インナーシールド」を着用して行っています。
(大人はマスクorインナーシールド付ヘッドガード必着で行っています)


↑画像をクリックすると、インナーシールドに関する動画が見られます。

 

新極真会 原内道場は、
いま出来る最高最大のコロナ対策を行っている、
地域ナンバーワンの空手道場です。

 

 

コロナは関係ありませんが、
道場内には防犯カメラも設置しています。
24時間、道場内の安全安心を徹底管理しています。

日々の稽古の様子のLIVE中継や、
SNSを用いて稽古の様子の動画配信を随時行っています。

 

 

新規入会の方には、
入会金の1万1千円が0円になる上に、
1万2千円相当の空手道着を、「プレゼントキャンペーン中」(無料進呈)です☆

そして、
新極真会 原内道場の「オリジナル教則動画・白帯編」を、
LINEにてプレゼントします。


これで、
礼法や各技術の自宅での復習や、
正しい技術の自宅練習も、
分かりやすい動画を見てバッチリ行えますね♪

 

その他、
コロナ禍の中ではありますが、
SNSを駆使して、
みなさまの成長と上達をサポート致しております。

 

この秋から、安心安全な環境の中で空手を始めてみませんか?
無料体験も随時受付中です。

 

→入会案内

直伝

一週間の始まりは高松北教室から。
演武会の演目を考えながらの稽古となりました。
参加希望者、まだ募集しています。
11/20で、出番は10時55分から15分間の予定です。
大人は裏方に徹し、子どもたちメインで行います。
白帯、幼稚園児でも参加可です。
10/24までにご連絡下さい。

 

 

そして私は、丸亀南道場・月曜日選手クラスへ。
私の師直伝の選手稽古を行いました。
この時間は、試合で勝つために練習しているワケです。
その為には何が必要か?
どのような練習をする必要があるのか?
また、この練習はどのような意味があって行っているのか?
今日の練習では、意識改革と基礎固めをしっかりと行いました。

今日感じた事は、もっとたくさんの方に参加してほしいです。
参加しているみなさんは、必ず強くなります。
強くなりたい方、試合で良い成績を残したい方はぜひ参加して下さい。
通常稽古では指導しない、「試合で勝つための空手」を指導します。

 

 

コロナ禍以前にジュニアクラスの後に行っていた居残り練習のように、
保護者参加型にすると良いのかな?
または、月曜日と言うのが良くないのかな?
時間割を大きく変えて、金曜日のゼネラルの時間帯に選手クラスを持ってくるのはどうかな?
そして、土曜日の午前中を通常の稽古にするのはどうかと。
色々と案が頭に浮かびました。
今すぐに変える事はありませんが、みなさんのご意見をお聞かせ下さると嬉しいです。

 

高松東道場のみなさんも頑張りました!

DNA

秋季審査会が終わり、みなさん次の目標に向けての稽古が始まりました。

丸亀南道場の朝練は少数でしたが、いつも通り熱くトレーニング出来ました。


そうご先輩が、たいち君に対し、厳しくも愛のある指導をしてくれました。
親子ほど年の離れた私には出来ない指導です。
そうご先輩自身も、子供の頃からドリーム優勝を目指して頑張っていました。
その当時は高知支部の選手でしたが、
私は彼の姿をいつも注視していました。
なぜかというと、
四国・岡山合同稽古のスパーリングで手合わせする度に、
毎回強くなっていく彼に期待していたからです。

 

で、数年が経過し、縁あってうちの道場生になっています☆

 

たいち君、今日はそうご先輩から熱いDNAをもらいましたね☆
今日の朝練は、いつもの10回分ぐらいの価値があったかもしれません。
(お母様、ご送迎ありがとうございます☆)

 

 

空手は、痛い思いをした分だけ、強くなれます。
痛み無くして強くなれないのが空手です。
そして、
その苦労をした分だけ、心が優しくなります。

 

そうご先輩は、弱い相手には必ず手加減して強く打ち込みません。
では、なぜ今日は強く打たれたのか?
君の事を、弱いと思わなくなってきたからでしょう。

 

更に、強くなってほしい、と思ったからでしょう。

 

そうご先輩は、君の目標のドリームで優勝しています。
たいち君も、偉大な先輩と練習しているのだからきっと出来るはずです。

DNAを引き継いで、四国を代表する選手に育って欲しいと願っています。

 

高松西道場の各クラスの様子です。

上に少し触れましたが、
四国・岡山合同稽古が久しぶりに開催されます!
11月21日(日)で、会場は愛媛県の西条市総合体育館です。
時間は、11時~15時ごろとなります。

 

内容は、型・組手技術・スパーリング・体力強化がいつものメニューです。
「型」は私が指導担当をする事が多いので、
当道場のみなさんには新鮮味は無いかと思います(笑)
いつも言っている事、
やっている事になると思いますが、
お付き合いください☆
(が、他支部の方には新鮮で評判が良かったりするのですよ♪)

 

「組手技術」は、無差別世界大会準優勝の逢坂祐一郎師範(徳島西南支部)や、
中量級世界チャンピオンの石原延師範(岡山東支部)からご指導頂ける事が多いです。
前川憲司師範(徳島北東あわじ支部)、
竹澤剛師範代(高知支部)、
野本尚裕師範代(愛媛支部)から学べる事もあります。
いずれも、世界大会や全日本大会で優勝や上位入賞した実績のある素晴らしい名選手です。
徳島北東あわじ支部の分支部長の将口恵美先生は、女子の無差別級の世界チャンピオンです。
その将口先生が、女子選手向けの技術を指導してくれる事もあります。
女子選手はぜひ指導を受けたいですよね。
四国・岡山合同稽古は、世界レベルの組手技術を学べるチャンスです☆

 

「スパーリング」は、年齢や実力に分けて行います。
この合同稽古のメインですので、かなり長時間を取って行います。
普段手合わせする事のない相手とのスパーリング、緊張感があって稽古になります。

 

最後は「体力強化」です。
組手競技に必要な各種のトレーニングを行います。

 

参加希望の方は、私までお申し出下さい。
(LINEでも可)

努力はいつか必ず実ります

丸亀南道場子どもクラス、11/7の丸亀市錬成大会に向けて頑張りました☆

ゼネラルクラスはドリームフェスと全日本大会に向けて。
無差別全日本大会のトーナメントが発表になり、
一段と気合が入ります!

 

高松中央道場、各クラスで良い稽古となりました。

今の努力が、その目標に対して必ず実るとは限りませんが、
努力が無駄になる事は絶対にありません。
努力はいつか必ず実ります。

 

上手く行かなくても、
望んだようになれなくても、
腐らずに努力を続けていく事。
それこそが空手道修行から学ぶ大切な事、
「押忍の精神」です。

 

審査会の日にも言いましたが、
審査会は、日々の稽古の答え合わせです。
これまでの稽古が正しく出来ていたのか、
そうでは無かったのかがはっきりします。
そして、結果が明確に現れます。

現れた結果を素直な心で受け入れて、前を向いて進んで頂きたいです。

大会案内あり(四国錬成大会)

高松東道場、キッズクラス。
先週に新入門のお子さんが居るので、今日は基礎をじっくりと稽古しました。

ミット稽古も基礎の技をじっくりと。
写真中央のしゅうとくんの左中段廻し蹴り、カッコ良いです♪

みなさん、「左ミドル」はきちんと習得しましょうね。
必須の技術ですから。

 

 

ジュニアクラスは基本・移動・型(平安その4)。

11/20の演武会に出たい方がいましたら、ご連絡下さい。
(あと10名ほど募集しております)

 

ゼネラルクラスは2名★
少なくても、全力で稽古指導します!
基本稽古は全種目、移動稽古はかなり複雑なものを稽古して頂きました。

型はリクエストに応えて棒術の稽古を。

お二人には、明日に今日の型(周氏の棍)の稽古の動画を送りますね。
自身の型を客観的に見てみましょう。
型も組手もですが、自身の映像を繰り返し見る事はとても重要です。
そして、棒術の稽古は、無手の空手技術も上達させます。

 

サンドバッグ、組手技術、スパーリング、HIITトレーニングで終了☆

 

さて。

大会のご案内です。

 

 

大会名:第20回 全四国錬成空手道選手権大会
開催日:2021年12月5日
会 場:愛媛県武道館(松山市坪西町551)
部 門:型団体、型個人、組手
(各クラス、帯と年齢により細かくクラス分けされています)
主 催:新極真会 三好道場(愛媛支部・高知支部)
参加費:一部門の方は4,400円、二部門の方は5,500円、三部門の方は6,600円
支部内締切日:11/9

 

県外の大きな規模の試合、そろそろ行ってみませんか?
新人の部もありますから、挑戦してみませんか???

 

 

参加申し込み用紙は→ コチラ からダウンロードして下さい。

※参加希望の方で、プリントアウトできる環境に無い方は私までお申し出下さい。
道場側でご用意致します。

令和3年秋季昇級審査会・結果発表

【弐段】

【初段】

【1級】3、4

【2級】2

【3級】

【4級】2、52、53、54

【5級】48

【6級】1、47、49、50、51

【7級】32、34、35、37、38、41、42、45、46

【8級】33、36、39、40、43、44

【9級】7、17、18、27、29

【10級】8、9、10、11、12、13、14、15、16、19、20、21、22、23、24、25、26、28、30、31

以上です。

(ここでは受審番号順に掲載していますが、
道場に掲示するモノは、みなさんのご氏名で、
かつ得点順での掲載となっています。)

上に番号が見当たらない方は、

昇級審査の方は、次回の冬季審査会で再受審となり、
昇段審査の方は、来春の春季審査会で再受審となります。
その際、受審申込みは必要になりますが、再審査料は免除されます。
次回の審査会で無事昇段・昇級出来るよう、稽古を頑張って下さい。

 

尚、現在の審査システムですが、
3月の春季審査会までとし、来年度から(令和4年夏季審査会)変更になる予定です。

17年

いつもはすっかり忘れている記念日ですが、
今年は覚えていました☆

 

17年前の今日、2004年10月13日は、
私がJKO理事会で、道場開設の承認を拝受した日でした。
新極真会の道場長・支部長になるのは、容易ではありません。
様々な項目の審査があります。
私は運良くご承認を頂く事が出来ました。

 

そして、
道場開設の承認を受けたからと言って、
すぐに何もかもが上手く進むはずはありません。

 

稽古場所も、
道場生も、
何もない所から、私一人で始めた香川・新極真会です。
最初は、私の知り合いの大人の生徒さんが増えてくれました。
が、ルーズな人が多くて(失礼)、
入会書類の提出は3~4か月後という人がほとんどでした。
当時は同好会と言う活動だったので、
事務系の事を厳しくしていなかったのでありますが。
(今は入会書類を提出しないと稽古に参加出来ません)
楽しく新極真会の空手が出来れば良いかな、という感じでした。

 

稽古の度、

 

私「書類作ってきた?」
生徒「あ、忘れました」

 

というやりとりが、毎週続いていました★

 

ですので、
うちの道場の会員番号一番は、
翌年の1月に正式に書類を揃えて入会した、少年部の「はるか君」なのです☆

 

17年間、色々な事がありました。
その中でも、たくさんのみなさんとの良き出会いがありました。

 

いま現在の道場生のみなさん、末永くお付き合いしたいと存じます。
17年も経過していますから、
もう既に退会した方も多数いらっしゃいますが、
今でも年賀状やSNSでやり取りしているたくさんのみなさんは、
私の一生の宝です。

 

みなさまに、只々感謝致します。

 

18年目も全力で頑張ります。

強くなる

高松中央道場、ビギナークラス。

白帯のみなさん、丸亀市空手道錬成大会に挑戦してみませんか?
他の道場の白帯のお子さんは、大多数が試合デビューしますよ。

 

そしてスキルアップクラス。

競技試合に必要なフィジカルトレーニングを行います。
高湿度だった今日ですが、みなさんとても良く頑張りました。

 

火曜日のキッズ&ジュニアクラスは、各帯の審査科目の稽古が中心です。

もちろん組手の稽古も行います。

 

丸亀南道場の初心者クラスのみなさん、ヘッドガードを購入しました。
これで試合デビュー出来ます☆
11/7に向けて、稽古を頑張って行きましょう!
今日は体験入門のお子さんが来てくれたので、写真はありません。

 

子どもクラスは審査会が終わったので、
次の目標(11/7)に向けてミット打ち多めの稽古を。

 

ゼネラルクラスは、基本稽古と移動稽古をみっちり行い、
空手の体の使い方をしっかりと練り上げ。
後半は組手技術とスパーリング。
締めはHIITトレーニングで下半身と心肺機能を鍛え上げて終了☆

 

丸亀市空手道錬成大会、締め切り日は10/23としています。
参加予定の方で申し込みがまだの方、お早めにお願い致します。

平安の型から学ぶもの多し

一週間の始まりは、高松北教室から。

基本稽古と移動稽古で体をじっくりと練って、

中盤の方の稽古は11/20の演武会に向けて、
型「平安そのⅣ」をじっくりと稽古しました。

ほとんどの方が初めてでした。
当然、上手ではありません。
しかし、全員が一生懸命に稽古に取り組んでくれていました☆
そうです、
これが最も大切な事なのです!!
平安そのⅣが、蹴り技が多くてカッコ良い型なのもあるかと思いますが、
一番は、演武会で良いカッコをしたいからなのかと(笑)

それもアリです♪

 

自身が通う小学校の体育館での演武ですから、
その思考になって当然かと思います。

 

友達に、カッコ良いトコ見せましょう!
その為には、稽古あるのみです!!

 

11/20の演武会、一段と楽しみになってきました☆

 

さて。
最近、高松中央道場の模様替えを少しづつ行っています。

今日はこんな感じに。
更衣室、使い勝手が悪かったですよね★
その原因は、小さすぎるロッカーで★★★
これから改善して行きたいと思います。

 

ロッカーは、有効利用出来るところで第二の人生を歩んで貰おうと思います。
ご家庭などで、不要なスチールラックや棚はありませんか?
中央道場の更衣室に寄付して頂ける方がいましたら嬉しいです♪
もし有りましたらご連絡下さい。

初中級・秋季昇級審査会

今回、二週に渡って実施した審査会でした。
先週は上級、今週は初級中級でした。

 

白帯のみなさんは、たくさんの受審者でした。
黒帯に向けての、はじめの一歩を踏み出しましたね。

オレンジ帯のみなさん、近年稀にみるほどのレベルの高さでした☆
「気持ち」「気迫」「やる気」が伝わってくる、素晴らしい審査となりました。

青帯、黄帯のみなさんは、開始予定時間よりも遅れてのスタートとなり、
待ち疲れと道場内の高温・高湿度に参ったかと思います★
その分、技の本数を減らしたり休憩を頻繁に入れるようにしましたが、

約32℃の中での審査は、「苛酷」と言う言葉そのものでした。

みなさん、お疲れ様でした。

 

これはすべてのみなさんに言える事ですが、
審査会を、日々の稽古が正しく出来ているかどうかの、
「チェックの機会」として利用しましょう。

今日参加して気付いたと思いますが、
出来ていると思っている事が全然出来ていなかったり、
こんなはずではなかったと思う事が多々あったかと思います。
今日は、それに気付けた事が最大の収穫です。
明日からの稽古や自宅での自主練で、
何をどの位やらなけらばならないのかが分かってきた事でしょう。
逆に、バッチリだった方もいるかもしれません。

その方は、正しい稽古&自主練が出来ているというお墨付きをもらいました。
次の帯のステップでは、もう少し難しい技術を習得出来るように稽古して行きましょう。

 

色帯からの審査では、組手の強さも重要な項目になっていきます。
上級(緑帯以上)を受審する際には、苛酷な連続組手が課せられます。

先達たちが築いてきた伝統です。
容易な事ではありません。
だからこそ価値が生まれます。

 

新極真会の黒帯には、金の筋が刺繍されます。

極真空手創始者の故大山倍達総裁が、
黒帯は「筋金(すじがね)入りの人間の証」として、
その「筋金」を逆にして「金筋(きんすじ)」とし、
段位を示す本数の金筋を刺繍するようになったと聞いています。

香川中央支部のテーマは、
「大河の流れも一滴の雫から」です。
稽古で一滴の汗の雫を流しましょう。
いずれ、それが大河となる日が来るのです。

 

筋金入りの人間の証、受け取れるまで頑張りましょう。