第2回香川県大会のお知らせ(随時書き足して参ります)

【2/2記載】香川県大会のプログラムの一部を訂正・変更しています

 

①P.8の小学二年生男子重量級のトーナメントに一人追加しています。

(それにより、D1´の試合が追加されています)

 

②P.10の小学四年生男子中量級のトーナメントに一人追加しています。

(それにより、D25´の試合が追加されています)

 

③P.14の小学六年生男子重量級のトーナメント表の試合番号に誤りがあったものを訂正しています。(E33)

 

④一般女子軽量級&軽中量級の選手のフリガナに誤りがあったものを訂正しています。

 

⑤一般男子軽量級の選手氏名の漢字に誤りがあったものを訂正しています。

 

 

-----------------------------------------

 

【2/1記載】トーナメント表を公開いたします

 

コチラ → 第2回香川県大会 プログラム

 

組手・県大会、型・県大会、組手錬成部門の順で掲載していますが、

実施は、 ①組手錬成部門、②型・県大会、③組手・県大会 の順になります。

当日に製本したプログラムをお渡ししますので、各自でプリントアウトする必要はありません。

 

みなさまにお願いしたい事ですが、

各自でゼッケン番号と試合番号を把握しておいてください。

ゼッケン番号が分かっていると、当日の受付け時にスムーズに作業が進みます。

試合番号が分かっていると、試合場の1Fアリーナの混雑が緩和されます。

 

選手のみなさんは、朝の開場時間(8時20分)に全員が集まる必要はありません。

ご自身の試合時間とその受付時間に間に合うようにご来場ください。

閉会式は行いませんので、試合が終了した方からご帰宅できます。

 

-----------------------------------------

 

【1/30記載】ゼッケンについて

 

当日の受付時にゼッケンとパンフレットをお渡しする事は先日に記載しました。

今日は、そのゼッケンについてのご説明です。

4部門ありますから、このような感じで4種類のゼッケンがあります。

左上が県大会・組手のもの、

左下が県大会・型のもの、

右上が県大会・団体型のもの。

番号ではなく、支部名とチームメイトの名前を入れています。

団体型は当大会が発祥の大会ですので、

ゼッケンにもプレミア感を持っていただける様にしました☆

右下が錬成部門のゼッケンです。

二分の一の大きさです。

県大会出場に憧れを持ってもらえるよう、あえて差を着けました。

強くなって、来年は県大会に挑戦するぞ!と思って頂きたいです。

 

出場する部門毎に、背中のゼッケンも貼り替えて下さい。

ゼッケンの貼り方の説明動画を昨年作りました。

昨年の物ですので、大会名が違う等はご了承下さい。

 

説明動画はコチラ → https://youtu.be/3Hu8H5NzIQE

 

トーナメント表は近日中に公開予定です。

もう少しお待ちください。

 

-----------------------------------------

 

 

【1/27記載】タイムスケジュールと表彰について

 

スタッフ集合はAM8時です。

朝早いですがよろしくお願い致します。

審判の師範・先生方は、

9時に審判ミーテイングを行いますのでそれまでにご来場ください。

開場はAM8時20分です。

選手、スタッフ以外の保護者はこの時間から入場可となります。

 

錬成組手部門の試合開始はAM9時20分を予定しています。

ウォーミングアップはサブアリーナで行って下さい。

試合場アリーナ後方や通路でのミット打ち等は禁止とします。

受付けを行いますので、ゼッケンとパンフレット(お弁当の配布はありません)を受け取って下さい。

(錬成部門の選手は、8時20分~9時20分までに受付けをお願いします)

ゼッケンはシール式のものとなりますので裁縫道具は必要ありません。

 

錬成部門終了後、AM10時50分~11時20分の間に型の部開始したいと思います。

(型部門の選手は、9時20分~10時30分までに受付けをお願いします)

型部門は、団体型から行います

Aコートで上級の部4チーム3試合、

Bコートで初中級の部7チーム6試合を行います。

その後、A~Eの5コートで試合を開始します。

準決勝戦までは2名同時演武、

決勝戦は、両選手が同じ型の場合は両者同時演武、

両者の型が異なる場合は単独演武とします。

 

県大会・組手部門に出場の選手はPM13時までに受付けを済ませ、ゼッケンとパンフレットをお受け取り下さい。

PM13時30分より、5分程度の短縮した開会式を行います。

選手のみなさんは試合をするコートに整列して下さい。(マスク着用)

開会式終了後、A~Eの5コートにて試合を開始します。

 

全部門、コートにて入賞が決まった時点で表彰とします。

錬成部門は金・銀・銅メダルが入賞記念品となります。表彰状の発行はありません。

県大会・型部門はクリスタルメダルです。表彰状は後日に所属支部道場に郵送いたします。

県大会・組手部門は4本柱トロフィーです。表彰状は後日に所属支部道場に郵送いたします。

入賞人数はカラテドリームフェスティバル全国大会に準じています。

(7名以下・優勝、8~15名以下・優勝と準優勝、16名以上・優勝と準優勝と三位二名)

 

-----------------------------------------

 

【1/20記載】付き添い、応援について

 

今大会は新型コロナ感染予防、そして流行しているインフルエンザ予防のため、

基本的には無観客開催とします。

競技に出場されるお子さんに関しては、

ご両親と家に一人で置いておけない幼い弟妹まででお願いしたいと思います。

祖父祖母やお友達はすみませんがご来場はお控え願いたいです。

一般の選手については最小人数での随行をお願いします。

 

応援ですが、声を出しての応援はセコンド1名のみとします。

その際も、鼻までマスクを着用して、周囲の方へのご配慮をお願いします。

 

4月から新型コロナウイルス感染症を5類に下げ、

マスクの着用も義務化されないように変わっていくようです

昨年訪れたポーランドでは、マスクを着用している人を一人も見ませんでした。

ヨーロッパでは完全に元に戻っています。

日本も4月から変わる見込みですが、大会は2月ですのでご理解とご協力を宜しくお願い致します。

 

-----------------------------------------

 

【1/17記載】香川県大会の計量(体重測定)方法について

 

計量のシステムは、

カラテドリームフェスティバル全国大会、
JFKO全日本空手道選手権大会と同一の方法で行います。

 

計量時の服装は、上はTシャツ、下は道着のズボンとします。
そしてその計測値から-1kgします。
よって50kgがリミットのクラスは、計測値50.9kgまでOKということになります。
(計測値から1kgマイナスするので、49.9kgと記録されます)

 

例えば、
50kg未満のクラスであれば、それを超過していたら試合に出られません。
(失格となります)

クリスマスとお正月を挟み、そして発汗が多い季節ではありません。

お子さんは日々成長しているので、規定体重を越える場合があるかもしれません。

それを見越した階級にエントリーしなければならなかったのです・・・

 

ルールですので、

全国大会と同様に、

体重が規定をオーバーしている場合は試合には出られません。

本心を言うと出してあげたいのですが、

ルールですから守らないといけませんので。

 

計量(体重測定)は、原則としてひとり一回までです。
但し、軽度の超過(100~200g程度)の場合、時間を置いて再計量を一度限り認めます。
厚着でランニングなどをして、たくさん汗をかいて下さい。

 

ちなみに、前日入りする方へご連絡です。

会場からすぐ近くというワケではありませんが、
割と近いとこでサウナがある施設というと、
「四国健康村」というところがあります。

 

瀬戸大橋の見える健康ランド【四国健康村】大衆演劇 (kenkou-mura.com)

 

ご参考まで。

 

-----------------------------------------

 

【1/16記載】型のクラスの統合による、規定型の変更について。

 

年齢が高い方のクラスを、男女ともに統合するとお伝えしました。

それにより、規定型が変更になる選手が出てきます。

 

高校生以上男子の部は、5名のエントリーとなります。

当初のご案内では、高校生は臥竜、35才以上は征遠鎮、50才以上は撃塞大としていました。

統合しましたので、決勝戦以外は「撃塞大」とします。

臥竜と征遠鎮を稽古してきたというみなさま、決勝戦は自由型になっていますので、

そちらで臥竜や征遠鎮を選択して頂けたらと存じます。

今日から「撃塞大」をしっかり稽古して下さい。

 

女性の年齢が上の方のクラスは、35才以上の部として統合させて頂きました。

内訳は、35才~49才の方が1名と、50才以上の方が3名の、合計4名のエントリーとなります。

男性の方と同様に、当初は35才以上は征遠鎮、50才以上は撃塞大としていました。

クラス統合しましたので、一回戦は「撃塞大」とします。

決勝戦は自由となります。

女子の部の35才~49才でエントリーして頂いた方は、

今日から「撃塞大」をしっかり稽古して下さい。

 

変更になり申し訳ありませんがご確認を宜しくお願い致します。

 

------------------------------------------

 

【1/14記載】集計が完了しました

 

新極真会22支部、諸流派友好団体15道場から、
延べ739名のお申し込みを頂きました。

 

内訳は、
組手錬成部門259名、
型個人160名、
型団体11チーム、
組手・香川県大会287名です。

 

※県大会組手の、重量級と統合になったクラスは受け付け時の計量(体重測定)が無くなります。
※体格差が大きい場合は統合せずにワンマッチになっているクラスがあります。
※トーナメント表は完成次第HPで公開します。

 

統合したクラスは以下の通りになります。

◎ 組手・錬成の部

・小3女子青帯と黄帯を統合します。
・小4女子橙帯と青帯を統合します。
・小5女子白~黄帯を統合します。
・小6女子橙帯と青帯を統合します。
・中学男子白~黄帯を統合します。
・中学女子橙~黄帯を統合します。
シニアは、
35~42才で白~青帯の部門と
43才以上で白~青帯の二部門としました。

 

◎ 組手・県大会

以下、統合したクラスです。
・小1女子は軽量級と重量級を統合します。(計量無し)
・小3男子は軽量級と中量級を統合します。(計量あり。30kg未満。)
・小3女子は中量級のみとなります。(計量あり。30kg未満。)
・小4女子は軽量級、中量級、重量級を統合し、無差別級となります。(計量無し)
・小5女子は軽量級と中量級を統合します。(計量あり。40kg未満。)
・小6女子は軽量級と中量級を統合します。(計量あり。42kg未満。)
・中1男子の中量級と重量級を統合します。(計量無し)
・中1女子の中量級と重量級を統合します。(計量無し)
・中2、3男子は軽量級と中量級を統合します。(計量あり。54kg未満。)
・高校女子は中量級と重量級を統合します。(計量無し)

シニアは
41~55軽量級(計量あり。70kg未満。)と
41~55重量級(計量無し)の2部門となります。

 

続いて一般部です。

まずは女子です。

一般女子軽量級と軽中量級を統合します。(計量あり。53kg未満。)
一般女子軽重量級と重量級を統合します。(計量無し)

 

そして男子。

一般男子軽重量級と重量級を統合します。(計量無し)

 

◎ 型
中学生の部門は、

「中学生男女の部」として男女混合で行います。(規定型の変更なし)

高校生以上の男子は、

「高校生以上男子の部」として行います。(規定型が撃塞大になります)

女子シニアは、

「35才以上女子の部」として、35~49才の部と50才以上の部を統合して実施します。(規定型が撃塞大になります)

 

 

詳しい参加人数の内訳はコチラからどうぞ → 「第2回香川県大会(23.2.12) 入賞者数・賞品数一覧 (1)

 

------------------------------------------

 

【1/12記載】クラスの統廃合について

 

合計500名を越えるお申し込みを頂きました。

その中で、エントリーが少数のクラスがあります。
1名エントリーのクラスは当然統合になりますが、

2名エントリーのクラスも統合させていただきます。
理由は、コロナにより一方の選手が棄権となる可能性は低くありません。
ワンマッチのために遠方からお越し頂いたのに、相手選手欠場により不戦勝で優勝になってしまう事が申し訳なく思います。

よって、最低でも3名のトーナメントを組みたく思います。
年齢や実力で、どうしても2名エントリーのワンマッチになる場合もあるかもしれません。
その際はご容赦下さい。
選手・保護者のみなさま、ご理解を宜しくお願い致します。

 

※統合により、体重区分が変わるケースが出てきます。

規定が軽くなる事はありませんので、減量を考えていた方はその必要がなくなるケースもあるかと思います。

なるべく早めにその情報をお知らせしますので、このブログのチェックをお願いいたします。

 

------------------------------------------

 

【1/9記載】公共交通機関について

 

他県からお越しになるみなさまから、公共交通機関についてのご質問を頂いていますのでここで回答致します。

 

大会会場がある飯山町は、田舎の香川県の中でも田舎の地域です。
周囲には何もないと言ってもよいところです💦

 

住所的には丸亀市ではありますが、JR丸亀駅よりもJR坂出駅の方がやや近いです。
JR坂出駅からは車で約15分、
JR丸亀駅からは車で約22分、といった距離感です。
体育館に行くための公共交通機関もほぼなく、タクシー利用になるかと思います。

 

公共交通機関を利用して来られるという方がいらっしゃいましたら、

「丸亀コミュニティバス」というバスがJR丸亀駅から出ています。
それ(丸亀東線)に乗りますと、

丸亀駅から50分ぐらいで着く「青石」というバス停が体育館の最寄りとなります。
そこから徒歩で約5分で体育館に到着出来ます。
そのバスも、2時間に一本ぐらいしかありません…

 

JR丸亀駅7:34→青石8:27

JR丸亀駅9:34→青石10:25

JR丸亀駅11:11→青石12:05

 

JR坂出駅からタクシーで移動するのが最も良いかと思います。

 

尚、来年はJR丸亀駅から近く、高速道路の善通寺ICからも近く、

周囲に宿泊施設もたくさんある丸亀市民体育館を確保出来ております。
今年は便の悪い体育館になりご迷惑をおかけして申し訳ございませんが宜しくお願いいたします🙇

 

------------------------------------------

 

【12/8記載】

錬成の部において、一般クラスの変更をします。

青帯の部を、「青帯・黄帯」の部とします。

ダウンロード出来るファイルは上記のように変更しております。

該当の方はご確認をお願い致します。

新極真会 原内道場のコロナ対策

まずは、道場内に入場したみなさん全員に、
非接触型の自動検温&アルコールディスペンサーで、
検温と手指の消毒をして頂いております。

ウイルスの大きさが「0.1μm」という中で、
新極真会 原内道場では、
最小吸着粒子「0.0146μm」という、
現在「世界最高レベルの空気清浄機」を設置しております☆☆☆
インフルエンザウイルスを99.8%除去できるエビデンスのある、
優れモノの「最強空気清浄機」がフル稼働する中での稽古になります。


手指消毒はもちろん、
物品を消毒するアルコールも豊富にストックしています。
他人と共有する事になるミットやサンドバッグ、トレーニング器具は、
常に清潔を保っています。

また、新型コロナウイルスの検出キットも常にストックしており、
指導者は定期的に抗原検査をして、陰性の確認を行っています。

稽古は、マスク着用でしっかりと距離を取って行っています。
時代に合わせた稽古法を取り入れ、
時間短縮や発声の制限などを行いながら、
感染防止に注力しています。

極真空手ですので、実戦の組手稽古は外せません。
そこで、お子さんの組手稽古では、
新極真会が独自に開発した「飛沫防止インナーシールド」を着用して行っています。
(大人はマスクorインナーシールド付ヘッドガード必着で行っています)


↑画像をクリックすると、インナーシールドに関する動画が見られます。

 

新極真会 原内道場は、
いま出来る最高最大のコロナ対策を行っている、
地域ナンバーワンの空手道場です。

 

 

コロナは関係ありませんが、
道場内には防犯カメラも設置しています。
24時間、道場内の安全安心を徹底管理しています。

日々の稽古の様子のLIVE中継や、
SNSを用いて稽古の様子の動画配信を随時行っています。

 

 

新規入会の方には、
入会金の1万1千円が0円になる上に、
1万2千円相当の空手道着を、「プレゼントキャンペーン中」(無料進呈)です☆

そして、
新極真会 原内道場の「オリジナル教則動画・白帯編」を、
LINEにてプレゼントします。


これで、
礼法や各技術の自宅での復習や、
正しい技術の自宅練習も、
分かりやすい動画を見てバッチリ行えますね♪

 

その他、
コロナ禍ではありますが、
SNSを駆使して、
みなさまの成長と上達をサポート致しております。

 

この安心安全な環境の中で空手を始めてみませんか?
無料体験も随時受付中です。

 

→入会案内

地獄の特訓シリーズ、終了

子どもたち、数名の病欠が見られましたがみなさん元気に頑張りました。

 

木ゼネは、県大会に向けて全5回の地獄の特訓シリーズを行いました。

時間を大分延長して、いまみなさんのレベルで出来るであろう最高の稽古を提供したつもりです。

特殊なミットを使っての突きの稽古。

このミットで稽古をすると突きの威力と精度がとても上がります。

レギュラーメンバーが2名お休みでしたが、みなさん最後までやりきりました。

手で示している数が、全5回中、何回この稽古に参加したか、です。

5回のみなさん、とてもよく頑張りました!

かなりレベルアップしているはずです。

やるべきことはやりました。

あとは望む結果が得られるよう、大会までの日を大切に過ごしましょう。

今日から2月

高松中央道場・火曜日のスキルアップクラスですが、開始時間を5分早めたいと思います。

(終了時間も5分早くなります)

理由は、スキルアップクラスは短パンTシャツで、その後のジュニアクラスは道着着用のため、着替え時間が短く慌ただしいとのお声をいただいたからです。

下校してすぐに道場にお越し頂いていると思いますので、5分の前倒しはしんどいかと存じますが、子どもたちのリクエストですので宜しくお願いいたします。

やればできる

丸亀南道場・朝練。

目の前の香川県大会に向けて今朝も頑張りました。

この練習で目指しているのは、一般部での選手育成です。

将来、ここにいるみんなが一般部の大会で活躍してほしいです。

 

午後からは高松西道場へ。

ビギナークラスは、厳しいことはほぼ無しでやっているクラスです。

ですが、もうすぐ一年です。

一年間もかけて、習得するべき事が出来ていない生徒さんが何人かいます…

教え込むには、習う側の集中力が必要になります。

そのために、「厳しさ」も必要になってきます。

今日は厳しい先生を演じながら、

帯を自分で締める事と、太極その1を根気よく徹底指導しました。

終了時間を延長する事になりましたが、

その結果、ほぼ全員が太極その1を出来るようになりました。

 

お迎えにいらしていた保護者様、寒い中でお待たせしまして大変失礼しました。

でも、私も真剣に子どもたちに向き合っております。

ここで、「まぁええか」にしてしまっては、

絶対にいけないという判断をしましたので、

本日は熱血指導で延長させて頂きました。

 

「やればできる」という言葉がありますが、

裏を返せば「できるまでやる」です。

できるまでやった結果が、

やればできる、なのです。

 

今日のお子さんたち、真の意味の「やればできる」を体験してくれたと思います。

この事は、今後の人生でもとても役立つ事となるはずです。

 

空手道場には、色々な特性を持ったお子さんが訪れてくれます。

それぞれに親御さんがいて、それぞれの希望を持ってお預けして下さっています。

覚えるのが早い子もいます。

逆の子もいます。

落ち着きのない子、とてもマイペースな子、社交的な子、誰ともコミュニケーションを取ろうとしない子など様々です。

 

私はどのタイプのお子さんでもきちんと空手を指導する事が出来ます。

たくさんのお子さんを指導してきたので自信がありますし、

実績もたくさんあります。

診断がついて毎日薬を服用しているというお子さんでも、

難関の黒帯習得、全国大会上位入賞などに導いています。

 

でも、早々に離脱してしまう子も少なからずいます。

それは、親御様が諦めてしまうケースです…

 

お子さんと共に頑張ってみませんか?

その第一段がこの前の鏡開き稽古会でした。

鏡開き稽古会に親子で参加して下さったご家庭のお子さん、みんな太極その1が出来るようになりました。

親の努力と愛情です。

お子さんの成長には、親の努力と愛情が必須なのです。

 

たまの休日、趣味の釣りやパチンコやショッピングなどに、

または家でゴロゴロする時間に充てたいかと思います。

でも、それではお子さんは上に行けないのです。

実は、お子さんが親の協力を必要とする期間はそんなに長くありません。

あっという間に大きくなり、親は経済的支援を要請されるだけになります(笑)

小学生の期間だけでも趣味を少しの間封印し、

お子さんのために全力を注いでみませんか?

 

お子さんの成長を、

共に楽しみ、そして苦しんで頂けたらと思います。

 

この事は、後に必ず感謝されます。

それは一生涯、いやお父さんお母さんが亡くなった後でも感謝され続けます。

 

キッズクラス。

ジュニアクラス。

空手の持つ、教育的側面は非常に大きいです。

学校では習わないけど、社会に出たら当たり前に必要になる能力が空手道場では習得出来ます。

ゼネラルクラスは、香川県大会に向けた強化稽古としました。

基本・移動・型をぎゅっとコンパクトにして稽古。

その後はハードなミットトレーニングに挑んで頂きました。

そしてスパーリングもたくさん。

極寒の今日でしたが、みなさん凄まじい発汗でございました⭐

 

試合に出ると覚悟を決めれた時点で、もう既に心が強くなっています。

一番大切な心のレベルが上がりました。

そして、このようなきつい稽古をこなせた事で、

体力のレベルも上がりました。

試合への参加は、全てのレベルを上げる事が出来ます。

足が冷たい

とても寒く、床がマットシートの丸亀南道場は極寒の環境でした。

キッズクラスは欠席者が多くいましたが、みなさん寒さに負けずに頑張りました。

ジュニアクラスはほぼ全員出席でした。

稽古前半は走る系のメニューで体を暖めて頂きました。

移動稽古と型は審査科目を重点的に。

組手稽古は寒いので私も混ぜてもらい、久しぶりに子どもたちとのスパーリングを楽しませて頂きました。

ゼネラルクラスはスパーリング祭りとしました。

10年に一度の寒さの日です。

たまにはこんな稽古も良いでしょう。

60分スパーリングをして、10分ミットをやって、ジャンピングスクワットで締めとしました。

それでもほんのり汗がにじむ程度の発汗で。

ただ、たくさん動いたので体の芯から温もりました。

今年度の香川県大会がまだ終わっていませんが、平行して来年度の行事の準備も行っています。

既にお伝えしている行事(4月全四国、9月徳島県、12月四国錬成)は割愛するとして、

最新の情報をお知らせします。

第一回兵庫県空手道選手権大会の開催が決定しました。

4/30(日)、会場は神戸のワールド記念ホール(8000人収容のとても大きな体育館)です。

昨年までは錬成大会として行っていた大会が、県大会(チャンピオンシップ)としてレベルアップします。

参加案内が届きましたらみなさんにお知らせしますので、興味のある方はその日を空けておいて下さい。

 

次に、香川県内の行事のお知らせです。

本日、主要行事の日程が正式に決まりましたのでお知らせします。

 

6/11(日)、高松市空手道錬成大会2023(国分寺・B&G)

11/5(日)、丸亀市空手道錬成大会2023(丸亀市民体育館サブアリーナ)

12/24(日)、2023年香川中央支部稽古納め会(国分寺・B&G)

2024年

2/12(月・祝)、第3回香川県空手道選手権大会(丸亀市民体育館メインアリーナ)

 

昇級審査会は、2月・6月・10月(昇段含む)の年間三回を予定しています。

 

3年前、強化合宿を予定していましたがコロナでダメになりました…

来年度、出来そうであれば実施したいと考えています。