そうなるように稽古しています

今日は高松東道場へ。
以前は週三回通っていた場所ですし、
羽原先生と星先生が一般部で試合出場を頑張っていた頃は、
木曜日のゼネラルは、試合同然のガチスパーのみを長時間行うという時期もありました。
そんな事もあり、私的にはとても思い入れのある道場です。
ですが、いま現在は週に一回の稽古指導にのみ訪れています。
私の体がもう一つあれば、週三回位行きたいのですが。
そんなワケで、この週一回の木曜日の稽古指導に、
通常の三回分の情熱を注いでおります☆
(月曜日を担当してくれている上池師範代の指導も、
 もちろんきちんと稽古してくれていますよ)
      

キッズビギナークラス。
最近は病欠などで出席者が少ない状態が続いています(泣
ですが、
ほぼマンツーマン指導ですので、細かに技術指導が出来ます。
たくみ君、後屈立ちもかなり上手になってきました♪
モノに当てる稽古も、力強く出来るようになってきました。
      

キッズクラス。
稽古の冒頭に、高松市空手道錬成大会のメダルをお渡ししました。
そして稽古へ。
稽古を見ていると分かります。
なぜメダルを貰えた子とそうでは無い子が居るのかという事が。
貰える子は、そうなるように稽古しています。
反対の子は、そうなるように稽古しているのです。
厳しい事になりますが、今日ははっきりとみなさんに告げました。
次回の大会で入賞する子、
昇級審査で合格する子は、
もうこの時点でほぼ決まっている、と。
高校入試などでも同じです。
大切な事は、日々の積み重ねです。
早く気付いた人が、人生の舞台でも勝者になるのではないかと思います。
      

ジュニアクラス。
キッズクラスと同様に、冒頭でメダルを授与☆
こうして見ますと、全員銀メダル(準優勝)ですね。
金が欲しかったのに、銀だった。
でも、良いメダルを取れたのですよ!
「銀」は「金より良い」と書きます。
なぜか?
それは、入賞する喜びと、優勝決定の段階で負けるという経験が出来たから。
次回に向けて、
最もモチベーションが高くなる順位が、二位なのです。
でも、二位で満足してはいけませんよ。
次回は一位を目指して頑張りましょう!
今日は組手技術中心の稽古で、汗をたくさんかいて頂きました♪
      

ゼネラルクラスは、この最近のレギュラーメニューで稽古して頂きました。
基本・移動の後は、
ずっと継続している吊り輪トレーニング。
「讃岐のハードパンチャー」と呼ばれる日が来るよう、
ヒットマッスルを鍛え上げましょう!
組手テクニックは、
今日はしゅんた君向けに、ローキックの効かし方について研究しました。
この技術、上手く使えるようになってくるととても組手が「楽」になってきます。
また、他の技への応用も多々利きます。
コツは、
今日説明したように「パンパン」のリズムです。
または、「パンパンパン」。
対戦相手のリズム・呼吸を読むことが出来るようになったら、
これらの技術は飛躍的に向上します。
      

稽古後、しゅんた君にメダルを授与。
彼も銀メダルでした☆
次回、高松東道場勢の巻き返しに期待大です。
県内でしっかりと切磋琢磨して、
全四国大会、全日本大会へと挑戦を進めて頂きたいと願います。