賢い子は空手を続けられます

随分と過ごしやすい気候になってきました。
このような寒暖差の激しい時期が、一番風邪をひきやすかったりします。
みなさん、お気を付けください。
      

さて。
9/13(日)は、丸亀南道場にて振り替え稽古です。
前回と同じく、AM10~11時30分の一クラスとさせていただきますので
ご確認を宜しくお願い致します。

高松西・水ゼネは、中三の受験生が2名参加でした。
勉強も空手も、
基礎の積み重ね(基本・移動・型・打ち込み・筋トレ)と、
模擬テスト(スパーリング)の繰り返しで力をつけていきます。
あと半年、受験勉強を頑張りましょう!
長年空手を続けることが出来ている皆さんなら、きっと大丈夫!!
空手が上達したのと同じように勉強すれば、
勉強の方も必ず成績が上がりますから☆

正しくビビる

台風が過ぎ去ったら涼しくなると勝手に思っていましたが、
まだまだ残暑は厳しいようです★
      

コロナ禍もあり、不安な気持ちで過ごす毎日ですが、
こんな時だからこそ、前に進む必要があります。
      

ずばり「学びを止めない」です。
      

「とりあえず、嵐(コロナ)が過ぎ去るまで待とう。」という考えは、
完全に思考停止の状態です。
月曜日の選手クラスの最後にみなさんに言いましたが、
「正しくビビる」事が大切と私は考えます。
      

「ビビる」というのは良くないと言われます。
確かにそうです。
ヘビに睨まれたカエルのようになって、
思考停止&運動停止になってはいけません。
      

そうではなく「正しくビビる」のです。
私は新型コロナウイルスが怖いです。
未知のウイルスですから、今後何があるか分かりません。
また、他人と戦うことも怖いです。
だからこそ、毎日体を鍛錬しますし、技術も磨きます。
      

正しくビビる事が出来れば、それに対する備えがピックアップ出来ます。
      

組手に対して正しくビビれば、
腹筋を毎日鍛えたり、稽古に行かない日はロードワークや縄跳びをしたり。
稽古では、基本稽古から組手をしている意識で取り組むことが出来ます。
結果、強くなります。
      

新型コロナに対しても同じです。
新型コロナに対して正しくビビれば、
手洗いをいつもよりも頻繁に・そして正しく行う習慣がつきますし、
人混みでのマスク着用なども当然の行為として行えます。
その他では、免疫力を高められるように、規則正しい生活を送る事が出来ます。
人混みに行かないように心がける事や、
県を跨いだ移動を控えるなど、
いま行っている生活を継続すれば良いという事です。
結果、強力な予防になります。
      

お子さんを学校に行かせない。
習い事にも行かせない・・・
実際にいらっしゃるようです。
上記の方、正しくビビれていませんよね。
完全思考停止の、間違ったビビりだと私は思います。
人間には叡智があるというのに、学びを止めてしまうのはとても残念な事です。
      

何事に対しても、正しくビビってほしいです。
十分な備えこそが「自信」です☆
      

何も備えもしていないのに、
そんなモノは大したことないから大丈夫、としてしまう事を
「慢心」と言います★
      

今日も各道場、十分な対策をして稽古を行いました。
幼稚園児のお子さんから60歳超の方まで、元気に空手道の稽古をお楽しみ頂きました♪
私の道場は、油断も慢心もしません。
自信を持って皆さんをお迎えしています。

肥満傾向の小学生、過去最大だとか

心配していた台風も、香川県ではそんなに大きな被害が無く済んだようでした。
と、思っていたら、
丸亀南道場近くの国道11号線上に、近くの倉庫の屋根が風で飛ばされてきて、
車に当たり、国道が約2時間通行止めになる事態になったそうです★
幸い、人への直接的な被害は無かったようです。
子供たちの登下校の時間ではなかったのが何よりも良かったかと。
今回の台風で甚大な被害にあわれた方、心よりお見舞い申し上げます。
自然災害に対する備え、改めて日ごろからしておかねばと存じます。
      

稽古の方は、それぞれの道場でしっかりと頑張ってくれました☆
高松北教室・ミックスクラス。
初心者・初級者が多いので、今日も基礎をじっくりと。
みなさん確実に上達しております♪
      

高松東道場・キッズクラス。
団体型トーナメントをしたそうです。
優勝は、ひゅうが&しゅんと&こうたチーム🔱
大会が正常に開催されるようになったら、みなさん是非とも挑戦しましょう!
      

高松中央道場・選手クラス。
今日は純太初段とるるな1級が初参加でした。
自身の稽古だけでなく、後輩たちにも盛んにアドバイスしてくれていました。
純太は小学生の頃は、一度も試合で勝った事が無いそうです。
中学生になり、空手から離れたそうです。
「そうです」というのは、私の道場の生徒では無かったので、
私は聞いた話でしか知らないからです。
高校生になる少し前の中3の時、うちの生徒になりました。
身体づくりと組手技術をしっかりと教え込み、
何回か大会で優勝する選手になりました。
その中には、一般上級の部での優勝もあります。
      

小学生の頃に勝てなくても、
その後に勝てるようになる例は、実はたくさんあるのです。
いま勝てない小学生のみなさん、
決して諦めないで、純太先輩のように強くなれるように頑張りましょう!
      

今日の大人チームでスパーリングをしたみなさんです。
      

さて。
香川県の子どもたちに、肥満危険信号の赤が★
原因は、新型コロナによる「巣ごもり」が原因で、
極端に運動量が減った事が大きな要因と考えられているようです。

しっかりとコロナ対策がされた、新極真会の道場で空手の稽古をすれば良いかと☆
ダイエット目的のお子さんも大歓迎ですよ。

残暑と台風

まだまだ暑いですが、少しずつ秋の感じになってきました。
ビギナークラスは、体験入門の可愛いお子さんが来てくれました♪
キッズクラスは基本的な動きをじっくりと。
ジュニアクラスは全四国大会に出場する選手がいますので、
基本・型・組手技術・スパーリングで選手強化を。

ゼネラルクラスは基本・移動は短時間で済ませ、
組手技術の稽古に大半の時間を使いました。
今日のテーマは、運足の基礎と左中段廻し蹴りで。
今日もみなさんと清々しい汗を流せて最高でした☆

さて。
100年に1度レベルの猛烈な台風が接近中です。
みなさま、十分にご注意下さい。

JOYFIT丸亀 こども新極真空手教室

今日は、スポーツクラブの「JOYFIT丸亀こども新極真空手教室」のご紹介です。
      

 ※こども空手教室の詳細は→コチラ
 ※JOYFIT丸亀の詳細は→コチラ
      

JOYFIT丸亀オープンと同時に始まった、
中学生以下を対象とした、カルチャースクールとして空手教室を開講しています。
初回から私が稽古指導を担当させて頂いておりましたが、
今から5年ほど前に、三嶌先生に指導をバトンタッチしました。
以下の写真は、本日の稽古のモノです。
三嶌先生の熱心な指導と、
補助に入ってくれているさらら1級&るるな1級の良質な指導により、
2クラス行っていますが、両クラスとも現在大盛況となっております♪

      

      

      

      

      

      

      

      

      

最も広いAスタジオを利用させて頂いています。
ですので、ソーシャルディスタンスもバッチリです♪
先生が立つステージと生徒さんの間には、このような仕切りもあって「飛沫対策」に関してもバッチリです。

      

お母さまの中には、スポーツ大好き!な方も多いでしょう。
でも、出産後から体形が崩れ始めてきて★とお悩みの方も少なくないのかと。
で、何か運動したいけど、育児と仕事と家事が忙しくって・・・
というような事情で、
スポーツクラブ等に通うのは、時間的に難しいお母さまが多いかと存じます。

      

しかし!

      
JOYFIT丸亀ですと、
お子さんを空手教室に預けている間に、
お母さまは筋トレでシェイプアップ出来ます☆
JOYFIT丸亀は、女性専用のトレーニングスペースもありますので、
人目が気になるかも、というお母さまにもバッチリかと。
曜日や時間帯も、金曜日だし18時半には終わるので融通をきかせやすいかも。

      

また、お風呂も充実しています☆
お子さんが楽しく空手で汗を流している間、
広々としたお風呂でゆっくりとリラックス、という選択肢もあります♪

      

JOYFIT丸亀でしか出来ない時間の使い方、
ぜひお試し頂けたらと思います!!

      

      

さて。

過去最強とも言われる、台風10号が接近しています。
香川県は暴風域に入っていませんが、油断大敵です。
9/6の日曜日、午前中に高松中央道場で振り替え稽古が予定されています。
朝8時の時点で気象警報が発令されている場合、臨時休校とさせて頂きます。
気象警報による臨時休講の場合、その振り替え稽古は実施されません。
ご確認を宜しくお願い致します。

支部内連絡

本日は支部内連絡ばかりです。

      

「JOYの時間帯変更について」

      

JOYFIT丸亀子ども新極真カラテ教室ですが、
10月より稽古時間の変更があります。
新型コロナ対策との事で、換気・消毒の時間を増やす為だそうです。
一部・・・17:00~17:40
二部・・・17:45~18:30、となります。
新型コロナ問題が落ち着いたら、今までの時間に戻すとの事です。

      

      

「高松西道場の送迎について」

      

道場前の部分は、「停車スペース」です。
停車についての定義として、「1分以内」としています。
パッと止まって、お子さんを降ろして出発する、みたいな感じです。
長くても30秒ぐらいにして頂きたいところです。
ご高齢の方につきましては、こちらもルールの厳守を言いにくいので、
出来るだけ短い時間で済ませて下さいね、とお願いしている状況です。

      

この最近、停車スペースに長時間の駐車をする方が増えてきています★
ご高齢の方同士で駐車して、長時間の談笑をされている場面も目にすることがあります。
ご高齢の方が駐車しているのを見て、みんなも停めて良いと思うのか、
この最近は道場前にたくさんの路上駐車の車があります。
先週の土曜日に、そこに停めたら対向車が一切すれ違えなくなる、という場所に長時間停めていた車がありました。
大渋滞が出来ていました・・・
この前の水曜日も、その土曜日ほどではないですが、渋滞が出来ていました。
ご近所方の通報により、過去に何度も警察官の方が道場に来られています。
この最近の感じですと、また来られそうな予感です。
駐禁切符を切られる前に、決められた駐車方法をお守りください。
ルールが分からない場合、周りを見渡して頂ければ一目瞭然だと思います。
ほとんどの方がどこに停めているのか、絶対に見えるはずです。
マナーや道徳は、親の後ろ姿でお子さんは学びます。
お手間をお掛けして申し訳ありませんが、
決められた駐車場への駐車をお願いします。

      

※ご高齢の方につきましては、必ずしもこの限りではありません。
 しかし「出来るだけ短時間で」のご努力をお願いしたいと思います。
 そして、子供たちが帰った後の、
 ゼネラルクラスの時間帯はこの限りではありません。

      

      

「道場のグループLINEについて」

      
重要事項や早期にお伝えしなければならない事をお伝えする為に始めました。
新たに加入したい方は、私までご連絡ください。
または、もうすでにグループに入っている方から招待してもらってください。
で、道場を辞めた方には、同時にグループLINEの退会もお願いしています。
忘れずにお願い致します。

      
      

「9月度の月会費について」

      

9月の月会費(8/27自動振替)ですが、
結構多くの方が残高不足で引き落とし出来ていません。
お通帳を確認頂いて、8/27に引き落としが完了していない方は、
9/9までに口座にご入金をお願い致します。

      

高松東道場・ビギナークラスのみなさん、
今日も暑い中頑張ってくれました!
稽古前の「逃走中ごっこ」盛り上がってました♪
※テレビの力、偉大です!!
楽しいから頑張るというのは、幼い子では当たり前の事です。
そして、それが体を鍛えるトレーニングになっていたり、
お友達とのコミュニケーション能力を高めるモノであれば尚良いです☆
稽古前の遊びが盛り上がった時は、稽古への集中力も高くなるという傾向があります。
今日の稽古、みなさんとても良かったです!
今日は「はなちゃん」がベリーグッドでした♪
そして、「はくとくん」が今まで出来なかった事がたくさん出来るようになりました!
10月の審査会に挑戦できそうな子もチラホラ☆
ご家庭でのサポートも宜しくお願い致します!

親の愛情と自閉症スペクトラム

夏休みが終わり、2学期が始まりました。
これを読んで下さっている保護者の方のお子さんはいかがでしょうか?
ご存じの方も多いかもしれませんが、
この時期が、10代の自殺が最も多い時期なのです。
幸い、私の道場では自殺者は出たことがありませんが、
毎年神経を使う時期となります・・・
※この時期にお子さんに何かいつもと違う雰囲気を感じたら、
 絶対に放っておかないで下さい。
 早め早めの対応が功を奏します!

      
私は長年空手道場をしていますが、
退会する子が多い時期は年に2回あります。

      
一つが3月です。
4月から新しい生活に変わるという人が出てきます。
進学・就職・転居などにより、
生活リズムが大きく変わるということで、
道場へ稽古に通う事が継続出来ない、と。
この場合の退会は、まさに「卒業」といった感じです。
晴れやかな気持ちで、みんなで送り出してあげることが出来ます♪

      
もう一つは、実はこの時期です。
この時期に退会申請をしてくるお子さんは、
多くがADHDやASDやLDといった症状が見られるという特徴があります。
退会理由は、
「しんどい」
「痛い」
「何のためにやるのか分からない」
※この理由を言う子は家ではずっとゲームをしている子★
「組手が怖い」
「とにかく行きたくない」
「名前が分からない〇帯の子に虐められる」
※調査した結果、実際にそのような事があった例がありません★
 架空のイジメっ子を作っての話です・・・

      

上記のアルファベット表記のものですが、
発達障害と言われる分類であります。
最近では、愛着障害という言われ方もあります。

      

私はこれらのお子さんを差別しません。
個性として受け取り、愛情を注ぐ指導をします。
指導法を少し変えますので、差別はしないけど区別はしているのかもしれません。

      

どのように指導するのかと言いますと、
個性として尊重し、良い方向に向かうよう導いて行きます。

      

愛情表現にも種類がたくさんあります。
愛しているが故に「助ける・褒める・お手伝い」をする。
そして、
愛しているが故に「助けない・厳しく接する・お手伝いをしない」という事もあります。
私は発達障害というワードがあまり好きではないので、
愛着障害の方を普段は使っています。
自閉症スペクトラムという範疇に入るお子さんのほとんどは、
私から見て、「愛情に飢えている」か、
逆に「偏った愛情を与えられすぎている」と見えます。
親から子への愛情表現、見直してみるもの良いかもしれません。

      

閑話休題。

      

愛着障害と見られるお子さんたちですが、
決して能力が低いだけの人間ではないのです。
これを保護者様にはぜひご理解頂きたいです。
愛着障害のお子さんは、親から虐待を受ける子が多いです。
うちの道場にも過去にいました・・・
お父さんが児童虐待で逮捕される所までいきました。
「その親子関係やその対応は良くないですから改めましょう!」と。
何度も話し合いを持ちましたが、
奥様に通報され、
警察に逮捕されて留置所に入るまで分かってもらえませんでした。
出てきてすぐに、私に謝罪するために道場に来ました。
本当に謝らないといけないのは、
幼少期に虐待を受け続けたという消えない記憶を持った、
心に傷を負ったお子さんたちなのですが。

      

ADHDのお子さんは、注意力が散漫に見えるという特徴があります。
また、多動症といわれるように、じっとしておくことが極めて苦手です。
空手でいうと、不動立ちが出来ません。
すぐにどちらかの足に重心を乗せてしまうか、
ひどい場合は、すぐにその場に座り込んでしまいます・・・
口をポカンと開け、斜め上方をいつも見ているという特徴もあります。
三戦立ちや前屈立ちなどは全く出来ませんし、
正座で姿勢を正す事も出来ません。
基本稽古は持って2分です。
凄くだらしない子に見えるのです。
ドラえもんに出てくる、のび太君のような。
「行き渋り」を見せるのも特徴です。
送迎の車から降りないとか、
道場の入り口まで来ているのに入らない、というような。
「出席簿に名前を書き忘れる」「お漏らし」「頻繁に忘れ物をする」というのも特徴です。

      

ASDのお子さんは、コミュニケーション能力がとても低いです。
空手でいうと、挨拶や返事が出来ません。
約束組手やミット練習のような、
相手と阿吽の息を合わせることが必要な稽古は極めて苦手になります。
組手稽古では、自分より弱い相手はめった打ちにして、
強い相手との稽古では逃げ回るか、
抜け殻のようになって無気力でただ相手の前に立っているだけの演技をします。
また、「お母さんが今日は組手をしたらダメって言った」とか、
「両手両足をケガしているので組手は出来ません」というような、
すぐにばれる嘘を平気でつくという特徴もあります。
こちらも、行き渋りや忘れ物が多いという特徴があります。
所謂、可愛げが無いと感じられる子が多いです。
イジメの対象となってしまうか、逆に物凄い非行少年になるケースが見られます。
しかし、中には物凄く勉強が出来る子もいたりします。
正解がきちんと決まっているモノに対しては、抜群の記憶力を発揮したりとか。
ですが、ごく当たり前の人づきあいが全く出来なかったり、
ほんの少しの応用問題は全く対応出来なかったりという性質があったり、と。
実際のところ、最も扱いが難しいです。

      

LDのお子さんは、モノを覚えるという作業が極めて苦手です。
空手でいうと、型が極端に苦手になります。
2~3年来ているのに、太極その1がまだ覚えられない、というような。
組手では、自分が攻めている時は良いけど、
相手のフェイントなどに簡単に引っかかるという特性があり、
試合では優勢に進めているのに、終了間際に技ありを取られるといった、
逆転負けを喫することが多々あります。
バカにされたり、イジメられるという経験を積む子が多いようですので、
空手を続けることで強くなってほしい子たちであります。
感性が豊かな子が多く、
マンツーマンで話をすると、本当に心から純粋で可愛い子が多いです。

      

上記のお子さんに共通するのが、「痛み」に対する感覚です。
柔軟性ですと、
めちゃくちゃ体が柔らかいか、
めちゃくちゃ体が硬いかのどちらかになります。
そして、うちの道場では白帯の頃からやる、「片手拳立て保持」が出来ません。
「痛み」に対する感覚が過敏すぎるのです。
ストレッチと片手拳立て、
その子にとってはナイフで身を削ぎ落される位に痛すぎるのです。

      

そう、「感覚」が普通といわれる人と違うんですね。
当たり前に出来なければならないことが出来ない分、
普通は絶対に出来ないと思われることが出来たりします。
例えば、写真のような絵を描くことが出来たり、
一度聞いた曲をすぐにピアノで演奏出来たりとか。
私の接してきたお子さんですと、
身体能力が物凄く高い子が多かったりします。
なので、組手は平均以上に強くなる子もいますし、
痛みに敏感すぎて、
逆にあり得ないぐらい弱いままで終わる子もいたり・・・

      

「能力に凹凸の差が激しい」のが最大の特徴なんです。

      
凄く劣ったところもあるけど、天才的な部分もあるのです。
うまく才能を生かす事が出来れば幸せな人生を過ごせるかもしれません。
しかし、多くの人が「生き辛さ」を実感して、
登校拒否や引きこもりになってしまうといった問題があります。

      

お子さんの特徴を早期に見抜き、
思春期や社会人になった時に、
社会で働いていけるように、土台(強い心)を作ってあげておくことがとても大切です。

      

私ですが、愛着障害のお子さんは1クラス稽古すれば分かります。
ADHDなのか、ASDなのか、LDなのかとか。
専門家の方に聞いてみますと、初対面でも15秒以内に分かるそうです。
特徴的な目つき、表情、行動パターンがあり、
母親との接し方を見たら100%確証が持てるのだとか。

      

私はマンツーマンで接する訳ではないので、そこまで早く確証を持つことは出来ませんが。
私が判断する際に参考にすることが、
愛着障害のお子さんは「立っていられない」ということです。

      

このケースのお子さんは、「抗重力筋」が著しく弱いというデータがあります。
「抗重力筋」とは、運動などで体を動かしているときに働く筋肉ではなく、
無意識に姿勢を保持しているときに働いている筋肉です。
重力と均等に釣り合うために必要な筋肉、というと分かりやすいでしょうか。

      

抗重力筋を大別すると、5箇所に分けられます。
1.背中・・・脊柱起立筋、広背筋
2.おなか・・・腹直筋、腸腰筋
3.お尻・・・大臀筋
4.太もも・・・大腿四頭筋
5.ふくらはぎ・・・下腿三頭筋

      

筋力が著しく弱い、または疲れを感じやすいので、
普通に立っていることすら難しいのです。
また、正座をしても背中を伸ばすことが出来ません。

      

ちなみに空手では、上記の筋肉を鍛える稽古が多いです。
愛着障害だと思われていたお子さんも、
数年間稽古に通ううちに、抗重力筋が鍛えられたせいなのか、
愛着障害の症状が全く見られなくなったというケースも多々あります。

      

愛着障害と思われる子ほど、実は親の見切りが早いです。
「空手は無理そうなのでスイミングに変えます」
「子供がピアノがしたいと言うので」
「サッカーの方が向いているかと思って」と理由を仰られます。
後に聞いてみると、
次の習い事は一か月で辞めたとか、
1回行っただけでもう行かなくなったという話が多々ありました。

      

私の道場では、「発達障害」(あえてこう表記します)の診断を受けていた子でも、
黒帯を取得できた事例がありますし、
全国大会で上位入賞した子もいます。

      
 ※新極真会の黒帯は空手界で最難関の位置ですし、
  新極真会のカラテドリームフェス国際大会・全国大会は、
  3000人超が参加する世界最大規模の選手権大会です。

      
最初はひどいもんでしたよ。
誰でも出来ることが何一つ出来ないのだから。
でも、親御さんも一生懸命愛情を注いでサポートしてくださり、
少しずつ力をつけて、
そのお子さんが持つ「感性」を活かせれるレベルになった時、
普通ではないところまで昇り詰めることが出来るようになりました。

      

誰に向かっていうわけではありませんが、
お子さんを愛しているならば、
「助ける・褒める・お手伝い」をして下さい。
道場で出席簿に名前の字を一文字も書けないなら、
おうちでひらがなを一緒に勉強する良い機会かと思います。
帯が締められないなら、お母さんも一緒に帯の締め方を覚えましょう。
稽古前にお声かけ頂ければ、帯締めの手順を動画で撮りますよ。
そして、
愛しているが故に、要となる部分では「厳しく接する」事も本当に大切であります。

      

甘やかしすぎて、
自分自身でモノを考えられない人間に育ててしまう事と、
逃げる事でピンチから脱する事を覚えさせてしまうのは、
本当に愛情不足の親のする事です。
残念な親、極々たまにですが現れます・・・

      

      

※写真と本文は何も関係ありません。
 ちなみに、今日の高松西道場の幼年・低学年クラスと、最後のゼネラルクラスの写真です。

台風に気を付けましょう

15時頃にゲリラ豪雨がありました。
おかげで気温が下がりましたが、湿度が急上昇でした★

      

真夏のような大量発汗になりましたね☆
稽古に参加されたみなさん、お疲れ様でした!

      

水・木あたりで台風の影響があるかもしれません。
今回の台風は、非常に風が強いとの事です。
みなさま、ご安全にお過ごし下さい。
尚、気象警報が発令された場合、稽古は臨時休講にさせて頂きます。
みなさまの安全と、指導員の先生方の安全のためです。
具体的には、
そのクラスの2時間前の時点で、
その道場の地域に気象警報が発令の場合です。

      

臨時休校になる場合、グループLINEでお知らせ致します。
まだグループに入っていない方は、これを機にご加入下さい。
加入方法が分からない方は、私に電話かショートメールを下さいますようお願い致します。

オヤジ狩り対策、急務です

明日から9月というのに、今日も日中は真夏の暑さでした★
水曜日ぐらいから台風接近の為、天候が崩れそうです。
みなさん、ご安全に!
台風後から、一気に秋になっていくのかな?と言った感じでしょうか。
この暑さも、もう少しの辛抱かもしれません。
体調管理に気を付けながら頑張りましょう!

      

高松北教室、公共施設ですのでマスク必着の稽古となっています。

冷房をMAXでかけていますが、
換気のために窓は全開で扇風機で気流を作っています。
ですので、涼しく感じるところもありますが、
灼熱に感じるところもあったり、と★
今日も技術的には高いレベルの稽古を提供させて頂きました。
意識を高く持った基本稽古・立ち方の基礎・移動稽古・型・二人組で実戦技の稽古を行いました。
「型で強くなる」をテーマに、9月も明るく楽しく稽古していきましょうね☆

      

その後は高松中央道場の選手クラスへ。
この最近、丸亀南道場の選手クラスの参加者が少ないとのことで、
丸亀南のこころ初段とさらら1級が、急遽中央道場へ稽古に来てくれました。
私もこの3週間の様子を見まして、丸亀南の月曜日の選手クラスをしばらく休講にしようと思います。
来週からしばらくの間、月曜日の選手クラスは高松中央道場でのみ実施します。
「月曜・丸南」の要望がある方は私にご連絡ください(グループLINEで)。
要望が増えて来ましたら、また以前のように戻したいと思います。
練習は、本日も30名超の参加で暑い中頑張ってくれました☆
下の写真は、中学生以上のみなさんです。
今までは、丸亀南道場の月曜選手クラスは10代~20代の現役バリバリメンバーで、
高松中央道場はオヤジと小学生が中心になっていました。
本日、遂に融合しました☆
おやじメンバーの中に、全日本に挑戦をしている現役選手が参戦です。(女子ですが)
初めて彼女たちとスパーリングをしたオヤジもおりまして、
今日は見事にオヤジ狩りにあっておりました(笑)
オヤジメンバーだけでスパーリングをしている時とは、異次元のスピードです(驚)

      

来週からも来てくれるとの事ですので、
オヤジ狩りされないように、若者の速さに対応できる技術を磨いていきましょう!(笑)

      

※うちの若手黒帯、みんなきちんと「わきまえている子」なので、
 オヤジのみなさんにガチンコで仕掛けたりしませんので、安心して参加してくださいね♪

自他共栄

この最近で一番の暑さに感じました。
どのクラスも運動量を抑えた内容で稽古しました。

      

高松西道場のビギナークラスでは、型の稽古が始まっています。
今日は集中力を高めるため、少し厳しめの先生を演じて指導しました。
太極の型ですが、難しいポイントは2~3か所です。
頑張って習得しましょう!
ご家庭での復習もしてもらえると嬉しいです。
最近はグーグルなどで検索すればすぐに動画が見つかります。
「太極その1」調べて見てください。
グループLINEに入っている方は、
当道場の教則動画の白帯編の中に解説付きでありますのでご覧ください。

      
キッズクラスは組手稽古を中心に行いました。
この最近、組手が怖いと言って稽古に来たがらない子が出てきています。
その理由は、コロナ禍で組手系の稽古を長くしていなかった時期があります。
その稽古に慣れてしまい、武道を習う最大の目的である、
痛みや恐怖から逃げずに、強い心を磨くということを忘れてしまっているからです。
今日は対人で、ディフェンス技術を中心に、
ゆっくりじっくりと復習の稽古に取り組んでいただきました。
稽古の中の組手は、
対戦相手に勝とうとか、
やっつけてやるなどという気持ちでやるものでは決してありません。
自分も相手も上手くなるように・強くなるようにと考えて行うものです。
組手が苦手になるお子さんは、この部分の考えが持てないのです。
なので、自分より弱い子にはめった打ちにして、
反対に強い子に対しては、
鬼ごっこをしているのかと思うぐらい逃げ回ったりするのです。
当然、このような稽古をしていて上達するはずがありませんし、
組手稽古が楽しくなるはずもありません。
要は、自分の心の持ちようひとつなのです。
「自他共栄」の気持ちが、上達と向上を招きます。

      

ジュニアクラス、ゼネラルクラスも大量発汗で良い稽古ができました☆
参加者のみなさま、暑い中お疲れさまでした!

      

明日の丸亀南道場の朝の振り替え稽古、
10~11時30分の一クラスに変更していますのでご確認をお願い致します。